不妊治療助成

 大町町に1年以上居住している妊娠を希望している夫婦に対し、健康保険が適用されない不妊治療費の一部を助成します。

○助成方法
 日本産科婦人科学会の登録医療機関にて行われた体外受精・顕微授精・人工授精・男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術)に要した費用で、治療が終了した日までの領収書と必要書類を添えて申請することにより、治療費の一部が助成されます。助成は治療が終了した日の属する年度内に2回まで申請できます。
 (入院費、食事代、受精胚の管理料、文書料は対象外になります。)

○助成金額
 1回の治療につき助成対象治療費の合計額から県からの助成金相当額を差し引いた金額の1/2の額と20万円とを比較して少ない方の金額を助成します。(助成額上限20万円まで)

 ○不妊・不育についての相談 ~佐賀県不妊専門相談センター(佐賀中部保健福祉事務所)~
  不妊・不育治療、検査への疑問や不安、家族のことなど、専門の医師やカウンセラーに相談してみませんか。
  相談料は無料です。 詳しくは、次のリンクをご参照ください。
 佐賀県不妊専門相談センター(佐賀中部保健福祉事務所)Webサイト