マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください!

投稿日:

2015年10月15日
マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください!
 内閣府のコールセンターや地方公共団体、消費生活センターなどに、マイナンバー制度に
便乗した不正な勧誘や個人情報の取得を行おうとする電話、メール、手紙、訪問等に関する
情報が寄せられています。

●マイナンバーに関して、国の関係省庁や地方自治体などが、口座番号や口座の暗証番号、
所得や資産の情報家族構成や年金・保険の情報などを聞いたり、お金やキャッシュカードを
要求したりすることは一切ありません。

●電話、メール、訪問などにより、マイナンバーの安全管理対応の困難さなどを過度に誇張
した商品販売や不正な勧誘などには十分注意してください。

●マイナンバーは、「通知カード 個人番号カード交付申請書 在中」、「転送不要」と赤字
で書かれた封筒に入って、簡易書留で各世帯に郵送されます。普通郵便でポストに入ってい
ることはありません。
 また、配達員が代金を請求したり、口座番号などの情報を聞いたりすることもありません。

●「あなたの名前やマイナンバーを貸してほしい」といった依頼は詐欺の手口です。こうし
た手口で、人を欺くなどして、他人のマイナンバーを取得することは法律により罰せられま
す。


(参考)これまでの主な相談事例(全国)

・行政機関を名乗って、「マイナンバー制度が始まると手続が面倒になるので、至急、振込
先の口座番号を教えてほしい」との電話があった。

・「マイナンバー制度の導入に伴い、個人情報を調査中である」と言って、女性が来訪し、
資産や保険の契約状況などを聞かれた。

・知らない業者から「マイナンバーを管理します」という電話があった。「専門家が管理す
るのか」と尋ねたところ、「私が管理する」と言ったので、不審に思い、電話を切った。

・若い男性から「マイナンバーが順次届いており、みんな手続をしているが、あなたは手続
をしているか」との電話があった。「まだ手続をしていない」と答えると、「早く手続をし
ないと刑事問題になるかもしれない」などと言われ、不審に思い、すぐに電話を切った。

・公的な相談窓口を名乗る者から電話があり、偽のマイナンバーを教えられた。その後、公
的機関に寄付をしたいという別の男性から連絡があり、そのマイナンバーを貸してほしいと
言われたので教えた。翌日、「マイナンバーを教えたことは犯罪に当たる」と寄付を受けた
とする機関を名乗る者から言われ、記録を改ざんするため金銭を要求され、現金を渡してし
まった。

★マイナンバーに関わる心配ごとなどありましたら、下記問い合わせ先にご連絡ください。

詳しくは下記URLから
https://www.pref.saga.lg.jp/web/at-contents/kurashi_anzen/shohi/kurashinoanzen.html
【お問合せ先】
《マイナンバー制度全般のご相談はこちら》
●内閣府 マイナンバー専用コールセンター
0570−20−0178

《通知カードや個人番号カードのご相談はこちら》
●総務省 個人番号カードコールセンター
0570−783−578

《不審な電話などを受けたらこちら》
●消費者ホットライン 188(いやや!)

《詐欺など被害に遭われたらこちら》
●警察 相談専用電話 #9110

《マイナンバーが含まれる個人情報(特定個人情報)の取扱に関する苦情はこちら》
●特定個人情報保護委員会 苦情あっせん相談窓口
03−6441−3452