(平成元年12月26日条例第30号)
改正
平成4年6月30日条例第16号
(町の休日)
(期限の特例)
(施行期日)
(大町町職員給与条例の一部改正)
(大町町職員の休日及び休暇に関する条例の一部改正)
 (休日)
第2条 職員は次に掲げる日には特に勤務することを命ぜられる者を除き、職員の勤務時間に関する条例(昭和40年条例第17号)第2条に規定する勤務時間(以下「正規の勤務時間」という。)においても勤務することを要しない。
1国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日
212月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)
 第3条第2項中「第4条の休暇並びに」を削る。
 第4条を削り第5条を第4条とし第6条から第13条までを1条づつ繰り上げる。
(技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正)
(大町町企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正)
2 前項の休日とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(毎日曜日を勤務を要しない日と定められている職員以外の職員にあっては当該休日が勤務を要しない日に当たるときは、町長が別に定める日)及び12月29日から翌年の1月3日までの日(同法に規定する休日を除く。)をいう。
(職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部改正)
(施行期日)