(平成元年2月18日条例第2号)