○大町町議会基本条例
(平成28年9月28日条例第21号)
目次
第1章 目的(第1条)
第2章 最高規範性(第2条)
第3章 議会、議員及び議長の活動原則(第3条-第5条)
第4章 町民と議会の関係(第6条-第8条)
第5章 町長等と議会の関係(第9条-第12条)
第6章 自由討論の保障(第13条・第14条)
第7章 議会改革の推進(第15条-第19条)
第8章 議員の身分、待遇及び政治倫理(第20条・第21条)
第9章 見直し手続(第22条)
附則

(前文) 
 地方分権により、地方公共団体の自己決定と責任の範囲が一層拡大する中、町長とともに町民の直接選挙により選出された町民の代表であるとういう二元代表制の一翼を担う議事機関としての議会は、政策立案、行政の監視、そして情報公開で分かりやすい議会をつくるなど、責任ある議会活動が求められている。
 大町町議会は、町民との協調の下、町民を代表する機関の一つとして自らの創意と工夫により政策立案及び政策提言を行うとともに、積極的に議会改革に取り組み、町長との緊張関係を保持しながら、真の地方自治の実現を目指すことを決意する。
 よって、ここに議会が果たすべき役割と責務の重さを深く自覚し、町民の負託に全力で応えていくことを誓い、この条例を制定する。
(目的)
(最高規範性)
(議会の活動原則)
(議員の活動原則)
(議長の活動原則)
(町民との関係の基本原則)
(議会広報の充実)
(議会報告会等)
(議会と町長等執行機関の関係)
(町長等による政策等の形成過程の説明)
(予算及び決算における政策説明)
(町政に係る重要な計画の議決等)
(議員間の討議による合意形成)
(全員協議会)
(議会改革の推進)
(委員会等の適切な運営)
(議会図書の充実)
(議会事務局の体制整備)
(議会による研修の充実強化)
(議員定数)
(議員の政治倫理)
(見直し手続)